ブログネタ
阪神・淡路大震災を振り返って に参加中!

この時期になると、思い出す出来事があります。1995年1月17日に起きた、阪神・淡路大震災。
当時、大阪に住んでいた事もあり、すごい揺れで目が覚めました。
すぐに、地震と分からなくて、「何が起きたの?」ただびっくりするばかり。

地震が起きた日、時間ごとに大きく報道されるニュースを、気にしながら高校へ登校した記憶があります。でも、学校はお休みだったので、すぐに家に帰って、ずっとニュースを見てました。

横転した高速道路、半分落ちかかったバス、崩れ落ちた三宮。。。
知ってる街並みなだけに、言葉になりませんでした。

余震がくるたびに、すっごく怖かった。

数ヶ月たっても、暫くは揺れに対してとっても敏感になっていましたね。
関西から離れた所に行っても、電車の揺れだけで、「地震?!」って感じるほど。身体の中の記憶が感じてしまうんでしょうね。

それから大学に入り、神戸に住んでる友達と震災の話をすると、苦しくなって一緒に泣いた記憶があります。

あれから、15年になるんですね。。。

未だに、当時の震災の写真を見ると、心が苦しくなって涙が溢れてきてしまいます。
少し離れた大阪でも、こんなに感じてしまうんだから、神戸の方達の想いは計り知れないものだとも。
たくさんの失ったものもあるけれど、人の絆など大切なことも教えられた気がします。
風化させないように、伝えていかなければいけないですね。