福岡市ファッションメンテナンス専門店 アイチャク284 のあやです。

桜も満開になり、衣替えのシーズンに入りましたね。
この時期になると、お声がけくださる様々なメディアの方。
小さなお店を、一人で営む私にとっては、とてもありがたいお話です。
時間をやりくりしながら、頑張って、取材をお受けする日々が続いてますが、修復のお仕事もしっかりしてますよ🎶

さて、今回は、HERMES(エルメス)のスカーフの染み抜きです。



憧れのHERMESスカーフのカレ。
少し汚れが気になって、ご自宅で洗われたら、色移りしたそうです。

じつは、この手のトラブルは、よくお預かりします。
高級ブランドでも、何年も着用してると、自宅で洗いたくなるんですよね〜。
わかります。その気持ち。。。
でもね、ぜっーーーーたい水洗いしちゃダメ‼︎

ネットで、「お家で洗うスカーフのお洗濯方法」て検索したら、たくさんヒットしてくるけれど、成功するのもあれば、失敗する事例もたくさんあります。
しかも、失敗事例はほとんど掲載されてませんよね。 

「もし、色移りしたら、もぉ捨てる!」ぐらいのスカーフならいいけれど、「綺麗にしたいから洗う」の想いがあるなら、必ずプロに任せて下さい。

シルクのスカーフは、色が出だすと、ずっーーーと出ます。
柄が滲んだり、他の所に色移りしたり。
そして、鮮やかな色合いが、白けた感じで上がってきます。
だから、クリーニング店では、ドライクリーニングで洗われます。

でも、首に巻く物だから、汗をかいたり、食べ物こぼしたり、気づかないうちに汚れやシミがついてしまう事もありますね。

そんな時は、部分染み抜きです。



熟練したクリーニング店でも、苦手な染み抜き素材はシルク。
染み抜きの仕方によっては、光沢がなくなったり、色抜けたり、目がヨレたり。。。

繊細な素材なので、技術力と集中力が必要な素材の一つです。

今回は、部分的に色移り、色の滲みがあったので、丁寧に一つ一つ、染み抜き作業を行いました。


染み抜きするとこんなかんじの仕上がりになりました。

文字が滲んでくる事なく、青い色移り部分を綺麗にしていきます。
気を抜いたり、雑な作業だと地色も滲んでくるので、とっても集中力が必要で手際の良さが求められますね。
 
地色の鮮やかな青が白ける事なく、綺麗に修復出来てよかったです。
今回は、全体的に1か所1か所、染み抜きを繰り返したので、修復料金は10000円 です。
「高っ!」って思われるかもしれませんが、 それだけの施術を行い、全てのシミを綺麗に落としております。お客様も「お世話になりました。ありがとうございます。」と笑顔でお帰りになられました。 





京都の花見小路にあるんですが、外観がかっこいですね!
中も、とっーても素敵でした。
 
数ヶ月毎に変わる店内。私が言った時は、冬だったので、限定カレが販売されてました。
そう、ハート柄のカレ『ブリッド・ドゥ・ガラ・ラヴ』ですね。

2階は、カレ『ブリッド・ドゥ・ガラ・タトゥ』を背景のフォトブースで写真を撮って下さいました。


image


なんだろぉ〜〜。この特別な感じ。
 
憧れのHERMESを、丁寧に店員さんに巻いてもらって、ドキドキ&ワクワク。
不思議な感覚に陥りました。
そんな、魔法のスカーフでした。

皆さん、買った時って、こういう感覚をお持ちなんでしょうね。
たまにはお店に行って、大切な想いのつまった体験をするのもいいですね。
お客様からお預かりした大切な衣類も、いろんな事を想像しながら染み抜き出来ますね。


★ 当店は、クリーニングでダメだった衣類を修復します。★


 「染み抜きしたいけど、どこに出していいかわからない。」そんなお洋服をお持ちの方は、まずはお気軽にご相談ください。クリーニング店とは異なる染み抜き専門店なので、たぶん、何とかなると思いますよ。

ご来店前のご予約をおすすめしております。
クリーニング店様への染み抜き指導、洋裁、取材などで、不在の時があるため、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

アイチャク284 職人直通電話 : 080-4319-0284
(電話受付時間:10:00〜20:00)

尚、郵送でも受付しております。まずは、ホームページからどうぞ。
http://aichaku284.jp/ 

blogロゴ