アイチャク 284

ファッションメンテナンス&ジーンズ・デニムリペア専門店。 しみ抜き・染色・ジーンズ修理・リメイクなど、お洋服を永く愛する方に役立つお話。

タグ:デザイン変更

福岡市のファッションメンテナンス&ジーンズリペア専門店(しみ抜き、染色、リフォーム、リペア、オーダー作成 など) アイチャク284 のあやです。
当店は、お洋服のあらゆるお困りごとを解決するショップです。

冬の間にお預かりしたコートの大胆なリフォームのご紹介です。
ずっとクローゼットの中で眠っていたコート。数十年前に買って、当時はよく着ていたけれど、年齢を重ねる毎に、軽いコートが着やすくなって、なかなか愛用することがなかったコートをリメイクしました。

まずは、ボディに着せて、コートの特徴を見てみます。


IMG_8327


ダブルで、低めの位置のボタン。
そして、ドレープがたっぷりあるデザインですね。


IMG_8329

後ろはこんな感じ。
真ん中、両脇、そして、その間の肩ラインから大きなドレープが入ったデザインです。


IMG_8330


襟は大きく、肩にかかるほどです。


IMG_8331


襟をめくると、ラグラン袖で、分厚い肩パットが入ってるようですね。

さてさて、大胆なリメイクになるので、どこをどう直すか、かなり頭を悩ませました。

今回のご希望はたくさんあります。
  ・襟を小さくする。
  ・着丈を短くする。
  ・身頃のドレープを無くして、ストレートなラインにシルエットを変える、
  ・肩パットを外す。
  ・袖丈を短くする。
  ・ボタンをスナップボタンにする。

最難題は、身頃のドレープを無くすことと、スナップボタンに変える事です。

身頃のドレープを無くすためには、大幅なカットが必要ですね。
そして、ボタンホールが開いた部分をスナップボタンに変えるためには、前立てのデザイン変更が必要になります。

さて。。。。どうするかな。。。

ここまでの大胆リメイクだと、全て分解して生地の状態に直して、希望のサイズでパターンを引き直して、コートを作り直した方が早いかもしれない?!

でも、あまり、解きたくない。。。
どこでカットして、どこで余った布を消すか悩みました。

今回悩んだのは、後ろ身頃のドレープをどこでカットするか?です。

IMG_8329


ドレープが多く入った場合、背中心である程度カットして、残りを脇線の縫い目の部分でカットする事があります。
でも、このコートは、背中心は縫い合わせてあるわけではないので、背中には縫い目がありません。

ここに無理矢理、縫い目を入れてカットをした方がいいのか?それとも、脇線の縫い目の部分でカットした方がいいのか?悩みました。

結論は、、、、脇線の縫い目部分で大幅にカットしました。
背中心で、ドレープ分をカットすると、簡単にデザイン変更は出来るんですが、地の目が変わってしまいます。

生地は、たて糸とよこ糸で織られています。
生地のたて糸方向に合わせて、型紙をまっすぐ置いて裁断することで、生地が伸びにくいため、型崩れしにくい服が出来ます。つまり、生地のミミ(端っこ)と平行で、まっすぐ裁断する事が大切です。

ドレープがたっぷり入った、背中心に縫い目がない場合は、背中心をまっすぐ地の目を合わせたデザイン展開で作られています。
だから、背中心で生地をカットすると、地の目が斜めに変わってしまう。

長く愛用出来て、クリーニングしても生地がよれないように、考えた結果、脇の縫い目で大幅にカットする事にしました。

脇でカットするためには、肩のラグランのラインも触らないと綺麗にドレープが消えないので、この部分も縫い直しました。

なんとカットした生地はこんなにも大幅になってしまいました。

IMG_8739
  
30cmほどにもなりますね。
両方で60cm。後ろ身頃だけで、60cmです。
前身頃も合わせると、人1人分ぐらいのカット分量になっちゃいます!かなりの大幅カットです。

これだけ大幅に生地をカットするとなると、ハサミを入れる時にドキドキして、何度も何度も確認してドキドしてしまいました。

後ろ身頃のドレープはだいぶ消えたので、前身頃のドレープを消しにかかります。
今回、ボタンホールの穴が開いている部分はカットして、残りを脇線でカットします。

ポケットの位置は、残念ながら、脇にずれてしまいますが、ギリギリのラインまでずらして、前身頃のデザインを変えました。

そして、襟はノッチといわれるV字の切込み部分を消して少し大き目の襟に変更しました。

昨年末ぐらいから、少し大きめの襟が流行っているので、その辺りの流行もチェックしながら、大きく定番デザインから離れないようにデザイン変更をしました。

出来上がりはこんな感じです。
アイロンかけるまえなので、少しシワシワですね。(ごめんなさい。)


IMG_8471



前身頃にあった、ボタンホールが消えて、スナップボタンで留めるように変更しました。
着丈も短くなって、スッキリ着やすい丈になりましたね。

IMG_8473


後ろにタップリとあったドレープがほとんどなくなりました。
地の目もまっすぐ変わってないので、生地がストンと下に向かって流れています。

IMG_8474


襟の大きさもスッキリして、ボタン位置も少し上にあげたので、着やすいデザインに変わりました。

大変だったけどご希望通りのデザインに変更する事が出来て本当に良かったです。
お引き取り時も、とても喜んでいただけたので、これからも、愛着ある1着として、着ていただけると思います。

大胆なリメイクなども、まずはご希望をおしゃってくださいね。
出来る限りご希望を叶えられるように、ご相談しながらお洋服をリメイクしていきます。

Live in Fashion♡



★ 当店は、クリーニング店の中にお店を構える、ファッションメンテナンス専門店です★

クリーニング店とは、別受付になりますので、 必ずご指名ください!
クリーニング店様への、染み抜き指導や、洋裁で、不在の時があるため、ご迷惑をおかけしております。 
ご来店前にご予約下さい。郵送でも、受付ております。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さいね!


゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:
アイチャク284
職人直通電話:080-4319-0284
(電話受付時間:10:00〜19:00)

定休日  水曜定休・他不定休あり
ホームページ  http://aichaku284.jp/  
゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:

福岡市のファッションメンテナンス専門店(しみ抜き、染色、リフォーム、リペア、オーダー作成 など) アイチャク284 のあやです。
当店は、お洋服のあらゆるお困りごとを解決するショップです。

ワンピースのペプラムを外してスッキリ着たいとのご依頼です。

IMG_7842

ペプラム。一時期、流行りましたねー!
腰回りに、ヒラヒラした女子力アップのお洋服。

ペプラムは、ウエスト部分をキュッと絞って、すぐにフリルが広がっているので、身体のラインを強調しながら、お尻まわりをカバーしてくれる、優れたデザインです。

1940年〜50年代に流行ったリバイバルなデザインですね!

流行のアイテムは、少し時期が過ぎると、すぐに過去になってしまいます。

今回は、ペプラムを外して、上に縫われていた刺繍レースをそのままスカートに移動させて、縦ラインを強調しました。

レースは、全て移動すると、重く見えるので、バランスの良い長さに変更してます。


IMG_7845

白と紺のバイカラーワンピースなので、華やかさを残しつつ、デザイン遅れにならないように、デザイン変更です。

これで、パーティドレスで着ててもおかしくなくなりましたね!

最近、「昔着てたんだけど。。。」というデザイン変更のリフォームご依頼が増えてます。

昔の生地は、しっかり重量感もあり、縫製もしっかりとしたお洋服が多いので、サイズ変更やデザイン変更がしやすいです。

クローゼットで眠ったままのお洋服も、お気軽にご相談ください。

live in fashion♡


★ 当店は、クリーニング店の中にお店を構える、ファッションメンテナンス専門店です★

クリーニング店とは、別受付になりますので、 必ずご指名ください!
クリーニング店様への、染み抜き指導や、洋裁で、不在の時があるため、ご迷惑をおかけしております。 
ご来店前にご予約下さい。郵送でも、受付ております。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さいね!


゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:
アイチャク284
職人直通電話:080-4319-0284
(電話受付時間:10:00〜19:00)
定休日  水曜定休・他不定休あり
ホームページ  http://aichaku284.jp/  
゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:

このページのトップヘ